トピックス

2024年7月10日

『封印された殉教』の著者、元中部本社代表、佐々木宏人さんが8月11日(日)に荻窪で講演=フェイスブック転載

 8月11日(日曜日)ミサ後の午前11:00から12:30迄、カトリック荻窪教会で当方の講演会が有ります。日曜日ですが、お時間がある方は参加して頂ければと思います。

 ガザ・イスラエル、ウクライナ・ロシアの二つの戦争の激しさを増す中で、カトリック信仰を持つ者としてどう考えるか、その補助線として当方が調べて来た、終戦後3日後に、平和を望んで憲兵の凶弾に斃れた、戸田帯刀神父の死を通して考えたいと思います。

 日本の戦前の太平洋戦争下、宗教がいかに弾圧されたのか、詳しくは出版された「封印された殉教」(フリープレス社・上下巻)をみて頂きたい。有事法制など日本も「今日のガザ、ウクライナは、明日の日本」という岸田首相の言葉のように、きな臭い軍備強化の雰囲気が醸成されつつある現在、歴史を知る事の必要性を指摘したいと思っている。

(佐々木 宏人)

 カトリック荻窪教会は
 〒168-0072杉並区高井戸東4-18-13 ☎03-3334-8216